川崎市中原区/高津区、武蔵新城駅徒歩1分の鍼灸院・整体院。不妊妊活、自律神経、逆流性食道炎、ぎっくり腰、頭痛にお悩みの方ご相談ください。

電話番号

症状別豆知識
当院へご相談いただく症状の豆知識をまとめました
参考にしていただけると幸いです♪

症状別豆知識
当院へご相談いただく症状の豆知識をまとめました
参考にしていただけると幸いです♪

妊活の不育症検査と血液凝固第12因子

第12因子欠乏症

 

血液が凝固するには、色々な物質の働きによって出血した際、血液を止めてくれます。

 

その中で、凝固第12(ⅩⅡ)因子というものがあり、凝固第12因子が標準値より少なくなること、凝固第12因子欠乏症といいます。

 

凝固第12因子欠乏症は、出血ではなく血栓症を起こすことが知られ、不育症の原因になると言われていましたが、最近では、凝固第12因子自体なくとも不育症にはならないと発表がありました。

 

内容は、生まれつき凝固第12因子が無い女性が、4回妊娠し、3回分娩に成功しています。

この発表を考えると、凝固第12因子自体が不育症に影響を及ぼすのであれば、凝固第12因子欠損症の女性は妊娠継続できません。

しかし、この女性が特殊な体質とも考えられます。もっと分母が増えたら、確かなことが言えるのではないかと思います。

凝固第12因子欠乏症は、現在でも何とも言えませんが問題ない方が良いと思います。

 

凝固第12因子欠乏症が疑われた場合には、抗リン脂質抗体症候群等の自己免疫疾患が無いかどうかを調べるのがいいでしょう。

特に流産経験が1回でもあるかたは、不育症検査の重要性とドクターに対する検査話のもっていきかたもアドバイスしております。

もし検査で問題あっても病院で処方されるバイアスピリンなどで補完後、採卵した凍結卵を移植して妊娠しているかたもいますのでご安心くださいね

 

一番問題なのは、生の情報がなくて検査が遅れることです。

よい妊活のゴールができるといいですね。

頑張りすぎず頑張っていきましょう。

 

水曜日・木曜日が定休日

一期一会

よしだ鍼灸整骨院・整体院

吉田光司